思春期の悩みを持つ親のための特徴まとめと乗り越え方
「しつこいなーっ!」
「わかってるって!」
「もうかまわないで!」
「放っておいて!」
「うるせー クソババア!」

おめでとうございます!

大切に育ててきたお子さんが、いよいよ思春期と言われる自立の時期を迎えましたね。

まずは、心の中で「ヤッター!」とガッツポーズをして喜びましょう。

スポンサードリンク

思春期の悩みをもつ親御さんが押さえておきたいこと

えっ? それどころじゃない?

『他人事だからそう言えるんでしょ! 当事者は大変なんです。こんな大変な思春期がいつまで続くのか、いつまでも終わらないような気がする私の身にもなってくださいよ!』

はい、他人事です。でも、他人事だからよくわかるんです。
私もその時期には、よくわかりませんでした(^^;)

 

思春期は反抗期とも言われるくらいですから、反抗がつきものことが多くてやっかいです。
でも、思春期に反抗がない方がよっぽど怖いんですよ。

Aくん「親が共働きで帰ってくるのが遅いから顔を合わせないし、そもそも会話がない」
※いざという場面で決裂する、親の役目放棄型超危険パターン
Bさん「お父さんお母さん大好き、何でも言うことを聞いてくれるし仲良し親子だもん」
※将来に「親子共依存」という大きな不安を残す、隠れ危険パターン

偉そうに言っているけど、あんたに何がわかるの!

申し遅れました。
私は思春期真っ只中の中学生を長年にわたって教えてきて、たくさんの事例を見てきました。

そして、私自身がうちの男の子2人を育ててきましたので、よく分かるつもりです。
さらに、訳あってカミさんよりも子育てや子供の教育には私(父親)の方が深く関わってきたものですから(^^;)
 ※このあたりの事情に??と思った方は次の記事を読んでいただければ納得してもらえることとおもいます
  子供のしつけにイライラしたら叩く前に読んでほしい犬のお話