古希に孫からのプレゼントは何がいい?手作りの場合やメッセージの例文

祖父母が古希を迎える、おめでとうございます。

あなたがまだ幼い頃、とても可愛がってくれたのではありませんか。

欲しいものを買ってくれたり、どこかに遊びに連れて行ってくれたり…。

そのおじいちゃんやおばあちゃんも年令を重ねて古希を迎えることになったわけですね。

ところで、古希って、以前は古稀という字が使われていました。

なぜなら、昔は還暦の60歳を迎えれば長寿と言われており、70歳を迎えることができる方はとても稀なことだったので、その字を使って古稀と言われたんです。

今は古希といってもお元気なお年寄りが増えたので希の字を使っています。
ですから、あまりお年寄り扱いをしない配慮が必要かもしれません。

では高校生のあなたが祖父母に贈るのであれば何がいいかについてお伝えしますね。

 

スポンサードリンク

古希に孫からプレゼントは何がいい?

一番喜ぶのは、元気なあなたに会うこと、楽しくお話すること、声を聞くことだと思います。

でも、ご両親が古希のお祝いで祖父母を食事会に招待したり、あるいは旅行をプレゼントするといった話を聞けば、孫であるあなたも何かプレゼントしたいなぁと思うことは自然で、とても素晴らしいことだと思います。

あるいは、古希のお祝いにご両親の兄弟やあなたの従兄弟たちも一同に集まって、レストランやお料理屋さんを借りて盛大にパーティーをするかもしれません。

そんなときは、あなたから何かをプレゼントしたり、メッセージを贈ったらきっと喜ばれるでしょうね。

そこで、お勧めの3点を選んでみました。

 

孫からのプレゼント おすすめ№1

お小遣いも限られているでしょうし、祖父母もあなたに高価なものを期待していません。

仮に、アルバイトをしてある程度のお金があっても、予算3000円くらいまでで十分です。

そこで№1に選んだのはハンカチです。

おばあちゃんであれば、可愛い花柄のハンカチ、おじいちゃんであればシックな色合いのものはいかがでしょう。

せっかくの古希のお祝い品ですから、ブランド物で選んでください。

ブランド物には気品のあるものが多く、こういった時の贈り物に最適です。

金額を限定して「ブランド ハンカチ」で検索してみてください。
たくさんのものを見つけることができます。
楽天市場/ブランド ハンカチ

その際、送料無料のものを選ぶといいです。
一見安い!と思っても、購入手続きを進めていくと送料が加算されて高くなってしまうこともあります。

さらに、ラッピングが可能であればお願いします。

古希のお祝い会で渡すことができれば一番いいですし、遠方でその機会がないのであればご両親が何かおくる時に手紙を添えて一緒に贈ってもらいましょう。

一緒に贈るチャンスがなければ、注文したお店から直送してもらっても失礼にはあたりません。
ただし、贈った直後にお電話して、プレゼント品が届くことを事前に伝えます。

 

孫からのプレゼント おすすめ№2

もう少し記念品になるものをお考えなら名入れの湯のみがおすすめです。

祖父や祖母のお名前を入れてプレゼントすることもできますし、ちょっとしたメッセージを入れることができるものもあります。

一番のお勧めはかわいいお花の名入れ湯のみです。名前の入れ方がおしゃれで、きっと喜んでくれると思います。

 

孫からのプレゼント おすすめ№3

最近は古希を迎えてもとてもお元気です。

それでも、よくお話を聞くと肩が凝るとか、腰が痛いといった思いをされている方も多いようです。

そこで、マッサージ器をプレゼントしてはいかがでしょう。

マッサージ機のような大きくて高価なものではなく、3000円の予算内で手軽に使ってもらえるものがいいですね。

使うたびにきっとあなたのことを思い出して喜んでくれるものと思います。
楽天市場/マッサージ器 ~3000円

 

古希の祝いを孫から手作りのものを贈るなら

前にも書きましたが、祖父母はあなたに高価なものを期待していません。
むしろ、お金をかけずに手作りをしたら、かえって喜んでくれるかもしれません。

孫からの手作り贈り物 お勧め№1

文具売り場に賞状用紙が売っていますので、それに古希を迎える祖父母に感謝の言葉を書いて感謝状を作ります。

額に入れればとても立派な贈り物になりますし、親戚が集まって古希のお祝いパーティーをするのであれば、その時にセレモニーとして文面を読み上げた上でお渡しします。

祖父母はもちろん感激するでしょうし、そこに集まった皆さんもきっと喜ばれるでしょう。

文面も一例を書いておきます。

感謝状

○○○○殿

あなたは今年七十歳になり古希を迎えられました
長年私たちの幸せを考えて支えてくださり
心より感謝しています
これからも身体に気をつけて
いつまでも元気でいてください

○○年○○月○○日

家族一同より

孫からの手作り贈り物 お勧め№2

最近、お名前の文字を横に並べて、それぞれ文を繋げて作った「お名前の詩」を見かけます。

ネットで注文することができるのですが、それを手作りしてはどうでしょう。

色紙を買ってきて、そこにあなたの考えた詩を書いてプレゼントします。
例えば、山田太郎さんなら

や すむことなく家族を見守り
ま いにち仕事に取り組んできた
だ いすきな おじいちゃん
た いへんな時は力強く取り組み
よ ろ こんだ笑顔に
う れしさがあふれるおじいちゃん
古希 おめでとうございます。

考えるのはちょっと大変かもしれませんが、ネットで探すといろいろな例があるので、それを参考に作ってくださいね。

孫からの手作り贈り物 お勧め№3

古希のお祝いのパーティーをするならその時に全員が並んで集合写真を会場の方に撮ってもらいましょう。

あなたのスマートフォンで撮れば後の処理が簡単です。

そして、会場に色紙とペンを持ち込み、集まった方に色紙を回して、古希を迎えた祖父母あてのメッセージを書いてもらいます。

その時に注意することは、写真を貼る中央部分を四角で書き、それを囲むように書いてもらうこと。

もうひとつは、内緒にして書いてもらうことです。

そして、後日写真をプリントして中央に貼ってプレゼントします。

少し手間がかかりますが、その分あなたの気持ちが伝わります。

贈る時にはメッセージを添えて、当日会場にいた皆さんから書いてもらいました。とあなたが企画して作ったことをちょっぴりアピールしてくださいね。


スポンサードリンク

古希にメッセージを孫から贈りたい時の例文が知りたい

古希のプレゼントを渡すときには、メッセージカードをぜひ一緒に贈りましょう。

長々と書く必要はありませんが、大事なポイントが抜けないようにしましょう。

メッセージカードのポイント

・お祝いの言葉を入れる
・古希を迎えた祖父母を気遣う内容を入れる
・祖父母との思い出を入れる
・自分の最近の様子を入れる
・自分の今後の決意を入れる
・祖父母との再会を楽しみにしている言葉を入れて締めくくる

例文を作ってみました。

おばあちゃん(おじいちゃん)、古希のお祝い、本当におめでとうございます。

おばあちゃん(おじいちゃん)が元気に今日の日を迎えられたこと、とても嬉しいです。

以前、伺ったときには、腰が痛いと話していましたが、その後の調子はいかがですか?

きっと今は元気にしていることと思いますが、また痛いときがあったら使えるように、手軽に使ってもらえるマッサージ器を贈りますね。

私が小さいころ、とても可愛がってもらったいただきました。

特に地域のお祭りに連れて行ってもらった時に花火を買ってもらい、家で遊んだことをよく覚えています。

私は今、高校生活の真っ只中です。

勉強と部活動の両立はとても大変ですが、頑張っています。

テニス部の先日の地区大会では初めて入賞することもできました。

今回の古希のお祝いにはちょうど部活の合宿が重なってしまい、行くことができませんでした。

でも、今度のお正月には両親と一緒に遊びに行きたいと思っています。

健康に注意してお元気でお過ごしください。
それではまた。

まとめ

今、あなたが元気に活躍できるのもご両親がいらっしゃるから。

そのご両親も祖父母が今まで家族を支え、守ってきてくれたから今があります。

どうか古希を迎える祖父母に感謝の気持ちをもってください。

お祝いの品は決して高価なものである必要はありません。

あなたがその感謝の気持ちさえもっていれば、どんなプレゼントでも、きっと喜んでくれますよ。

スポンサードリンク