子どもの勉強する意味がないという疑問に大人はこう答えよう

「何のために勉強するの?」
「勉強する意味がわからない」

子育てをしていれば、お子さんからそんな疑問をぶつけられることもありますよね。
あるいは中学生の子どもから聞かれて返事に困ったりすることも…。

そんな疑問に2章で明快にお答えしています。
また、「何で子どもは学校で勉強した上に家で復習しなくちゃダメなの?」という疑問にもお答えします。
そして、「勉強する意味がわからない」という疑問への大人の望ましい答え方を3章でお伝えします。

スポンサードリンク

1章 子どもが勉強する意味はない?

長い間、教育現場にいましたが、保護者の方に
「お子さんから『何のために勉強するの?』とか『何で子どもだけ勉強するの?』と聞かれたことはありませんか?」
そんな質問をすると多くの方が「聞かれたことがある」ようでした。

続けて、「どう返事をしましたか?」と聞くと

「将来のため」
「高校に行くため」

といった答えが多かったです。
これでは子どもの疑問はきっと解消されなかったでしょうね。

勉強が嫌になったときに出る疑問「何のための勉強だ?」

頑張って勉強して、成績も伸びている生徒はあまり疑問は持たないようです(^^;)
多くの場合は、思うように集中して勉強に取り組めなかったり、頑張ったけど成績に結びつかなかったような時に疑問に思うようです。

ですから、その疑問に対して将来役に立つようにするためというのはまったく的外れな答えになっているわけです。

勉強はしない、学習をする

勉強という文字は「強いて勉める」のですから、お店の人が「望まないけど」頑張って値引きをする時に「勉強しておきます」という使い方の意味を含みます。

もちろん、今は「強いて勉める」よりは学ぶ、学習するという意味で使われています。
でも、どちらかと言えば、勉強するよりは「習い、学ぶ」学習の方が何となくいいですね(^^)/

頭が筋肉の体育教師もいます(^^;)

ちょっと横道にそれますが、大切なことをお伝えします。

私のかつての同僚にもダメダメな体育教師がいっぱいいました。
そう、まるで頭の中身まで筋肉でできているんじゃないの?と思いたくなるようなダメ教師です。

スポーツの得意な子を優越感に浸らせ、運動の苦手な子に劣等感を植え付ける体育教師。
例えば野球やバスケットボールの上手な子を中心に授業を組み立て、できない子を周辺に追いやるような体育教師。
走らせてタイムを競いさせ、タイムの良い子を褒める体育教師。
水泳授業で上手に泳げない子に「スイミングに通ったら?」と言う体育教師。

優れた体育教師は野球というスポーツの楽しさ面白さを子ども達に伝えますから初めての子大歓迎です。
優秀な体育教師は先週よりも走るタイムが縮まった生徒を褒めます。
良い体育教師は泳げない子を水に親しませ、楽しませ、気付いたら泳げるようになる教えて方をします。

小さい時に勉強は楽しいものだと知っている子は伸びる

まだ小学校に行かない段階で勉強の面白さを知っている子は伸びます。

 「ねぇ、お母さん、チョウチョは何でお花の所に来るの?」
『何でだろうね? 家に図鑑があったから一緒に調べてみようか?』

きっとこんな家庭の子から
「へぇ~、そうなんだ!」
という声が聞こえてきそうです。

ダメな体育教師の例を挙げたのは、そのことをわかっていただきたいからでした。
もちろん、ダメ教師は国語教師にも数学教師にもいます。
その教科の楽しみ方、面白さを教えるのが一番大切だということを忘れ、「何でできないの!」などと言う教師が(^^;)

2章 勉強する意味がないという疑問に明快な答えを

勉強には、いろいろな考え方がありますので、これから書くのは1つの見解だと思ってくださいね(^^)/

なぜ勉強するのか

大きく2つ勉強をする意味があります。
もちろん、それに加えてそれぞれの教科の特性もあります。

①基礎的な能力を高める(サッカーを例に)

我が家の二男は中学校の部活動でサッカーをしています。
彼はサッカーが本当に好きでサッカーの中継があれば必ず見るし、テスト中などで部活が無い時も一人でよくボールを蹴っていました。

ある番組でいろいろな難しいリフティングに挑戦しているタレントがいました。
すると二男は早速自分でもそれを試していたのですが、驚いたことにものの数分でできたものもありました。
とても難しそうで、仮に私がやったとしたら恐らく10時間練習してもできないでしょう。

では、なぜ二男はものの数分で出来たのか?
彼は今まで何十時間どころか何百時間もサッカーの練習に取り組んできたので、サッカーをする素地がある程度出来上がっていたのではないでしょうか。
だから何百時間+数分でできたと考えられます。

一方、私は今までサッカーの練習をほとんどしていないので、ここで1時間くらい頑張っても難しいリフティングはできないわけです。
学校時代の勉強は、たくさんの分野のさまざまなことにこのサッカーの例のような強力な素地を作ることではないでしょうか。

素朴な疑問と、それに対する答え

Q:本やネットで簡単に調べられることをなぜ覚えなければいけないのか?
Q:計算機ですぐ答えが出ることをなぜ自分で計算する必要があるのか?

A:もちろん全部覚える必要はありません。でも、どこまで知識として備わっているかで考え方の幅やスピードがまったく違ってきます。

たとえば8×8=64ですが、多くの方は計算しなくても九九を覚えているのでパッと答えがでるでしょう?

ところが九九を覚えていない人は8×8もいちいち計算しないと答えがでません。
つまりスタートラインが違うのでスピードがまったく違ってくるわけです。

もちろん、スピードだけでなく、考え方についてもいろいろなことが知識として備わっていれば大きな違いがでます。

たとえば日本がサウジアラビヤやアラブ首長国連邦からたくさんの原油を輸入していることを知っていれば、ガソリン価格が上がったこととニュースでの中東の政治情勢が不安定なことがパッと結びついたりします。

知らない人は何を調べたらいいかもきっとわかりません(^^;)

②問題解決の能力を高める(理科を例に)

理科の時間に実験や観察でこんな経験をしたことはないだろうか?
「きっと○○だろうから、こんな実験をして確かめてみよう」
「やってみたらうまくいかないので、ちょっと条件を変えて◇◇でしてみよう」
「◇◇でとても良い結果になったので、次は…」

この理科の仮説、検証のプロセスはまさに問題解決の過程と一緒です(^^)/

私たちは仕事をしていても、生活をしていてもいろいろな問題に直面することがたくさんあります。
その時に、仮説を立てて、実際にやってみて、さらに修正して…この繰り返しで解決することは多々あります。

俗に言われているPDCAのサイクルもこれと一緒です。

各教科の特性もあります

もちろん、各教科ごとの特性もあります。
一例をあげるなら
《国語》すべての学習の基礎になります。国語の学習を深めた人はきっと他の人の気持ちを察したり、自分の考えを上手に伝えることができる、つまりコミュニケーション能力が高まります。

《社会》まさに私たちが今、生きている社会の仕組みの勉強です。また、地理や歴史の学習も含めて、社会科の学習には「○○だから△△になって、それで◇◇という結末を招いた」という事例の宝庫です。

《数学》多面的な見方を一番養いやすい教科かもしれません。また理詰めで証明していく過程は論理的に考えを組み立てていく勉強の最高のものではないでしょうか。

《理科》先ほどお伝えした仮設、検証ののプロセスの学習だけでなく、私たちが生きている自然界の仕組みも学びます。

《英語》多言語の学習の入り口ですし、異文化の学びは私たちの考え方を柔軟にしてくれます。

なぜ、子どもは家に帰っても復習をしなければならないか?

多くの家庭では、大人は一日の仕事が終われば夕食に晩酌をして、その後はテレビを観てくつろいでいるのではないでしょうか。

それなのに、「子どもは部屋に入って勉強しなさい!」と言うのは、子どもにしてみれば理不尽です。

それは求める成果が違うからです。
大人は仕事をした対価を給料で受け取ります。
子どもは勉強した対価を知識や能力を身に付ける形で受け取ります。

残念ながら、この知識は学校の授業で学習しても、時間と共に忘れていきます。
その割合を示しているのが次の忘却曲線です。
エビングハウスの忘却曲線
つまり、学習してから数時間後にもう一度学習すると小さな努力で記憶をより確かなものにできるわけです。

さらに、一週間後にはもっと小さな努力で記憶をもっともっと確かなものにできます。
だから復習がとても大事なわけです。

もっとも、大人だって対価が不十分なら残業して頑張りますが(^^;)


スポンサードリンク

3章 勉強する意味を大人ならこう答えよう

大切なのは問われても即答しないこと
小学生の子どもや中学生の子が「勉強をする意味なんてあるの?」と聞いてきたとき、知っているとつい「それはね、…」と答えたくなります。

でも、そこは我慢(^^;)

「何で勉強は意味がないと思うの?」
「あなたはなぜ勉強が必要だと思う?」

そういった質問を逆にお子さんに投げかけてみて、中学生なりの勉強する意味、小学生なりの勉強する意味を考えさせてみてはどうでしょう。

そして自分も子ども時代にそんな疑問をもったことや、社会に出てみて「勉強する意味を嫌と言うほど知った」とか「勉強をしていてこんな良かったことがあった」といった経験談も交えてお話をしたらお子さんの心に響くのではないでしょうか。

4章 子どもの勉強する意味がないという疑問に大人はこう答えようのまとめ

小学生でも中学生でも、

「なぜ勉強するんだろう?」
「勉強の意味は何だろう?」
「なんで子どもは夜も頑張らなきゃダメなの?」

そういう疑問を持つことはとても素晴らしいことだと思います。

そんな貴重な疑問を、大人が知っている知識をポンと与えてしまっては価値が半減してしまいます。
どうぞお子さんが自分で自分なりの答えを見つけることができるように上手にサポートしてみてください(^^)/

スポンサードリンク