子どもの叱り方のコツとダメにする親の怒り方

親の叱り方で子供は変わります。

子供が家の中でうるさく騒いでいたと時にあなたはどうしますか?
あるお母さんは大きな声で叱りました。
「うるさーい! 静かにしなさい!」
ところが子供は静かにするどころかかえってうるさくなってしまうことがあります。

かつて同僚にそういう場面をとても上手に扱う教師がいました。
その先生は大きな声を張り上げることをしないで子供たちを静かにさせていたんです。

学校に勤めていた頃に接したいろいろなお母さんや先生達、そしていろいろな事例を元に子供の上手な叱り方のコツについてまとめてみました。

スポンサードリンク

子供の叱り方のコツ

子供の叱り方には言い方がありますし、子供の叱り方がまずいと逆効果になることさえあります。
4歳5歳といった年齢や小学生低学年、高学年、中学生といった学年によって叱り方に違いもあると思います。
また、子供の叱り方で男の子と女の子の違いもあるでしょうし、お母さんとお父さんの違いもあります。

でも、基本的な考え方は同じだと思いますので、子供の叱り方で迷いがある方は是非一読してください。

子供を叱る時に感情で怒ったっていいじゃないですか

よく「叱ることと怒ることは違う」とか、「感情で怒るな」といった言葉を目にします。
でも、私は叱る時に感情をぶつけることは決して悪いことだとは私は思いません。

一緒に勤務していた中に小柄でやさしい女性の国語の先生がいました。
中学校では、時としてそういった先生をバカにして、言うことを聞かない男子生徒がたくさん出てしまい手を焼くこともあります。

彼女の学級にも教師に食ってかかってくるような生徒もいたのですが、不思議と彼女の言うことは良く聞いていました。
その女性の先生はめったに怒らないのですが、生徒を怒る時は本気になって顔をまっ赤にして思いっきり感情をぶつけていました。

もし、その先生が怒るのではなく、よく言われるように「ちゃんと理由を言って納得できるように」叱っていたらどうでしょう?
「いいですか、あなた達のしたことは、○○が良くなかったんです。そしてそれは他の人に迷惑をかけることです。ですから…」
こんなふうに(^^;)
きっと彼らはまったく彼女の言葉に耳を貸さなかったと思います。
中学生の彼らは理屈ではなくその先生の気持ちに打たれ、感じたのではないでしょうか。

子供を叱る時に自分の感情をぶつけてはいけない

「アララ、さっき言ったことと違うじゃないですか!」
そんな声が聞こえてきそうですが(^^;)

「早くしなさい」は自分のイライラの解消でしょ!

わざとノラリクラリのんびりして遅いなら別ですが…
子供に「早くしなさい!」は禁句です。

なぜなら、それは「行動が遅い子供にイライラしている気持ち」を子供にぶつけているだけですから(^^;)

どうしてできないの!

これも「親の思い通りにできない子供にイライラしている気持ち」を子供にぶつけているだけです。

教師にもいろんな先生がいます。
やはりかつての同僚ですが、とても優秀な女性の数学の先生がいました。
彼女の口癖は「どうしてできないの?」

きっと自分は小学校、中学校、高校、大学とずーっと優秀な人だったんでしょう。
だから、「なぜ子供がわからないか、どこで躓いているか」になかなか気付けなかったんですね。

先ほどの国語の先生とは対照的に彼女の指導には反発する生徒が多かったですね(^^;)

子供を叱る場面を減らすことって出来るんですよ

たとえば大切な時計をテーブルに置いていたのを子供が壊したので「どうしてママの大切な時計を壊すの! ダメでしょ!」と叱ったとします。

でも、時計を子供の手の届かない場所に置いておくという工夫さえすれば子供を叱る必要はなかったですね。

子供に「早くしなさい」と叱る前に

大人が素早くできることも子どもにとっては時間のかかることも多いもの。
早くと急がせることでかえって遅くなってしまう場合もあるようです。
大人が先を見通して着手する時間を上手に教えてあげるといいですね。

「○時には出かけるけど、○時に準備を始めれば大丈夫?」

仮にその時間に準備を始められなくて遅れたのであれば、「今度は決めた時間に始めようか!」。
決めた時間に始めても遅れたのであれば「今度は○分準備の時間をとろうか」と声を掛けるというのはどうでしょう?

これは学校に遅刻がちな中学生にも使える工夫です。
もちろん、掛ける言葉は中学生に相応しい言葉に代えますけど…。

子供を「どうしてできないの!」と叱る前に「

「どうしてできないの!」って子供が自信を失いやすい言葉で、度々言われたら「自分ってダメなんだ」と思ってしまいます。

大人にとっては簡単なことも子どもには初めてのことだったり慣れていなかったりすればできないことも多いもの。
「う~ん、惜しかったね。もうちょっとだ」
「何が難しい?」
そんな勇気づけの言葉を掛けたいですね。

これも中学生や高校生にはそれなりの言葉に代えて言えば通用します。

子供を叱るのを夫や他人に任せていると

よく子供の叱り方でこんなことを言っている人を見たことはありませんか?

「そんなことをしていると怒られるよ」
「あとでパパに叱ってもらいますからね」

叱るのは「自分」がいいですね。
現場を見ていない夫に言いつけて叱ったもらっても子供の心には響きません。
旦那さんには旦那さんの叱る場面があるでしょうから(^^)/

叱るテクニックを磨く前に

子供を上手に叱る方法、いわゆるテクニックを磨く前に、やるべきことがある場合があります。

あるご家庭からこんな子育ての相談をもらったことがあります。

娘が家のお金を盗んだ(お母さんの財布からお金を抜いた)のがわかったので、厳しく叱り、目の届くところにお金を置かないようにしたそうです。
ところが、その中学生の女の子はお店で万引きをして見つかり警察に通報されてしまった。
それでどうしたら良いか

という相談です。

話を聞いてみるとその女の子が小学校低学年の頃に下に弟が生まれたということ。
女の子は手のかからない良い子だったので、お母さんは「あなたはお姉ちゃんだから」と言って赤ちゃんの子育てにかかりっきりになっていたようです。

女の子にしてみれば、お母さんの目を自分に向けるには「良いことをしても無理」で、「悪いことをした時だけ」お母さんが振り向いてくれたわけです。

この時は赤ちゃんの子育てを夫やご両親の協力も得てお母さんの負担を減らし、その分、お母さんから娘さんに愛情を注いでもらうことで劇的に解決しました。
簡単に言えば、二人で出かけたり、ギューっと抱きしめてもらっただけなんですけどね(^^;)

子供がお金盗むの時の叱り方はどうすればいいか?
子供が盗みをした時の叱り方のコツは?
子供が万引きした時の叱り方で中学生の場合は?

こんな感じでいくら叱り方のノウハウを得て、叱り方のテクニックを磨いてもダメです。
子供がお金や物を盗んだりするような場合は叱る以前に
なぜこの子はお金を盗んだんだろう」そんな気持ちになった原因を振り返ってみることが大切です。

子供の叱り方でやってはいけないダメな方法

子供がよその子供を怪我させた時の叱り方はどうすればいいのでしょう?

子供を叱る前にすることがあるでしょ

我が子だけを見ていて大切なものを見落とさないことが大切です。
はっきり言って、叱ることなんか後回しです。

・その子のケガの程度はどうなのか?
・その場では誰がどう対処してくれたのか?
・病院に行ったのか?
・今はどこにいてどうしているのか?

これらの状況を把握し、一刻も早く対応することが必要です。

私の二男が小学生の時に高学年の女の子に手を出してケガをさせたことがありました。
学校から子供が帰ってきて事情を話してくれたので、すぐにその女の子のお家に電話してケガの様子などを確認しました。

幸い、病院に行くほどのケガではなかったという話でしたので、私と妻が子供を連れ、菓子折を持ってすぐに謝罪に行きました。
そして私たち親が誠意を込めて謝りお詫びしました。

相手の親御さんは私たちがすぐに行ったので驚いた様子でしたが、子供同士のことなので…と理解を示してくれました。

自宅に戻った時に子供が私たちに言いました。
「ごめんなさい。一緒に行ってくれてありがとう。」

妻も私もその言葉を聞いたらもう十分で、結局、怒ることも叱ることもしませんでした。

子供が約束を破ったらどうしますか?

子供の叱り方で「約束を破ったときにどうしましょう」という声を何度ももらいました。
そんな時には次のようなお話をしました。

「今度からだめだからね」は最高のダメ言葉

リビングでボールを投げて花瓶を割ったとします。
「今度からここでボール遊びをしちゃダメだからね」と言って親が後片付けをしてはいけません。

怪我がないなら良し、それを確認したら子どもに片付け方を教えて片付けさせましょう。
そして夜、お父さんが帰ってきたら、何をしてどうなったかをきちんと報告させる。

それで終わりです。

パパもそこで怒ったり叱る必要はなく、

「ケガはなかったのか?」
「後片付けは自分でできたのかな?」

と聞いて、
子供の言葉に「それは良かった」という言葉をかけるだけでOKです。

それをお母さんが全部片付けをしてしまい、
「今度からダメだからね、約束だよ」
こうやって大人が責任の肩代わりをするからいつまでも同じくり返しになるんです。

そんなことをするなら○○をしてあげない

望ましくない行動を辞めさせたいなら、その善し悪しや弊害などを子どもに上手に教える方がいいですね。

「お小遣いをやらない」「おやつ抜きにする」といった叱り方はもちろん、
ご飯を抜く、食事を食べさせないといった罰で子どもの行為をコントロールする考え方は決して子供を育ててくれないと思います。

約束は子供にしてもらうと叱ることを減らせる

「いい、今度からゲームは8時までだからね、約束だよ」
これは約束ではなく親の指示です(^^;)

ある男の子のお父さんは厳しかったですね。
「子供が約束を守らなかったので、ゲーム機を全部壊して捨てました」

そこで私は思わず聞いたんです。
「えーっ、思い切ったことをしましたね。それで子供は納得しているんですか?」

次の父親の話を聞いて私も納得しました。

子供が遅い時間までゲームをしているので聞いたんです。
「勉強に影響が出ないゲームのギリギリの時間は何時までだと思う?」と。
そしたら夜の10時だと言うんです。

それで、じゃぁこれからどうしたいのか聞いたら
「10時までにはゲームをやめて勉強する」と言うんです。

それでさらに聞いたんです。
「10時過ぎまでゲームをしていたらお父さんはどうすればいい?」と。

そしたら子供が
「大丈夫、その時はゲームを捨ててもいいよ」
と言ったんでそれで捨てたんです。
拾ってくると困るので壊してからですが…


スポンサードリンク

親の怒り方で子供は変わる

子供と日々接していると本当に様々なことが起きるので、怒り方や叱り方で迷うこともありました。
特に子供の喧嘩についてです。

子供同士が喧嘩をした時にどう叱りますか?

我が家は男の子2人でしたので喧嘩の時にどう叱るかを迷ったこともありましたね。
それで妻と相談して
「ケガをしない限り兄弟喧嘩の仲裁には入らないようにしよう」と決めました。

するとどうしても一方的に弟が負けることが多くなったので辛い事もありました。
それで夫婦共に下の子可愛さから弟に加勢するようなこともあったのですが、お互いにチェックして自重しました(^^)/

そのおかげで、子供同士の兄弟ゲンカを親が叱るという場面はなく、2人で解決していました。
子供の喧嘩の叱り方というか、対応の仕方は難しいですが、振り返ってみて、できるだけ子ども達の中で解決するようにさせて良かったと思っています。

子供に口答えをさせてあげる

「子供の口答えの叱り方はどうすればいいのか」
そんな質問を保護者の方からいただいたこともあります。

よく親が叱っている時に子供が言い返してくると
「言い訳をするな」
とさらに怒る方がいます。

人はみな自分かわいさから自分に都合のいい言い訳を言うものです。
大人から見れば見え透いた言い訳でも子どもは必至に自分を守ろうとしています。

それを頭ごなしに「言い訳をするな」と否定しないで
『こうなる訳があったら聞かせて』と聞く耳を持ちたいものです。

ただ、人のせいにするなど明らかに責任逃れをしようとするならきちんと叱ることは大切ですが(^^;)

まぁそうならないように普段からできるだけ子どもの言い分を聞いてあげるといいですね。

子どもの叱り方のコツとダメにする親の怒り方のまとめ

いろんな場面を思い起こしながら書きましたがいかがでしたか?

子供の叱り方で両親の言い方を揃えなければ…
子供の叱り方なんだけどパパが下手で…
子供の叱り方で無視しても大丈夫?

こんなふうに子供の叱り方で悩みはつきませんが、またいずれかの機会に触れたいと思います。

そうそう、最初に紹介した「大声を出さずに子ども達を静かにさせていた先生の話」ですが…

彼は黙ったままよ~く子ども達を観察しているんです。

すると黙ったままの先生に気付く生徒が出てきて、その人数がある程度になると一瞬静かになる時があるんだそうです。
そのタイミングで一言
「授業に入っていいかな?」
そこで、シーンと静かになるということです。

家庭における子供に当てはめて考えるなら、

・黙ったまま子供をよ~く観察する
・親の方をチラッと見た瞬間をとらえて何かアクションをする

たとえば口に手を当てて「シーッ」と言うとか、
「今、頭が痛いから小さい声で騒いでね」と言うとか(^^)/

子供の短所に目が行くから叱りたくなる

お子さんの長所と短所を思いつくままあげてみてください。
子育て講座の講師をした時にお子さんの長所と短所を1分ずつ計って書き出してもらったことがあります。

その時の保護者の方は短所の方が数多く書いていました。
短所ばかりに目が行くとどうしても怒りたくもなるもの。

この機会に子供の短所を長所に読み替えてみてはいかがでしょうか?

飽きっぽい  → 興味関心が強い
落ち着きがない  → 行動的
うるさい  → 明るく快活
なまけもの  → マイペース
人真似が多い  → 協調性がある
短気  → 決断が早い
特徴がない  → バランスのとれた
ひねくれている  → ユニーク
頑固  → 信念をもっている
生意気  → 意思が強い
反応が遅い  → 物事に動じない

 
それではまた(^^)/

スポンサードリンク